赤い羽根共同募金活動

 本校JRC部員が、アルク小野田店で赤い羽根共同募金活動に参加しました。

 コロナ禍の中、3月以降は校外での活動はすべてキャンセルになり、地域の方々と触れ合う機会が全くないまま過ごしてきました。

 今回は、感染予防策として、「1か所に立つ人数を制限する」「大声を出さずにすむように、募金の趣旨についてはCDに吹き込まれた音声を用いる」「事前に検温、体調の確認、手指のアルコール消毒を行う」「募金してくださった方にティッシュを手渡しせず、ご自分で取っていただく」等を徹底し、通常とは異なる形での活動となりました。

1年生にとっては初めての校外活動でしたが、「これほど多くの方が募金に協力してくださるとは思っていなかった。お客様やアルクの方たちから、『頑張ってね』という優しい励ましの言葉もかけていただいて、本当に嬉しかった。」という声が聞かれました。

 共同募金については、今月7日にFMサンサンきららで、募金を呼びかけるラジオ番組に本校生徒4名が生出演することも決まっています。14日にもアルク小野田店での募金活動に参加します。