高千帆苑訪問

 7/9(木)放課後、本校の3年生3名が、七夕飾りを作り、高千帆苑に持って行きました。

 久しぶりの訪問に思った以上に歓迎していただきました。看護や福祉の方面を目指している生徒たちにとっては、将来の職場となりうる現場を体感できる貴重な機会となりました。

 参加生徒は、「今日は、楽しかった。私は人とかかわる仕事が好きなのだ、と改めて感じた。」、「人に何かをしたときに喜んでくれる嬉しさを感じた。」「自分が持っていった飾りや私達が訪問したことに対して、思っていた以上の反応をしてくださり、とても嬉しかった。」と述べていました。

 持参した七夕飾りは、来週の苑の七夕の行事で、笹に飾ってくださるとのことでした。

七夕飾りを渡す様子