保健室・教育相談

保健室

出席停止について

 学校保健安全法によって下記の疾病については「出席停止」(学校を休んでも欠席扱いにならない)となっています。
 つきましては、医師から下記の疾病(疑いを含む)と診断された場合には以下の流れに沿って対応して下さい。

~出席停止の手続き~

  1. 医師から診断(疑いを含む)された場合は、速やかに学校へ連絡して下さい。
  2. 医師の指示に従い、出席停止期間はしっかりと休養し友人との接触は避けて下さい。
  3. 回復後、「出席停止についての意見書」(下記のPDFをご利用ください)あるいは「診断書」を学校へ提出して下さい。

出席停止についての意見書

出席停止となる疾患の一覧

 下表及び、下表にない疾患等でご不明な点がありましたら、本校保健室までお問い合わせください。

  疾患名 出席停止の期間
第1種エボラ出血熱・クリミア・コンゴ出血熱・痘瘡・南米出血熱・ペスト・マールブルク熱・ラッサ熱・急性灰白髄炎・ジフテリア・重症急性呼吸器症候群及び鳥インフルエンザ(H5N1)  治癒するまで。
第2種インフルエンザ(H5N1を除く) 発症後5日、かつ、解熱後2日が経過するまで。
百日咳  特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで。
麻疹(はしか)  解熱した後3日を経過するまで。
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)  耳下腺・顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで。
風疹(三日ばしか)  発疹が消失するまで。
水痘(水ぼうそう)  全ての発疹が痂皮化するまで。
咽頭結膜熱(プール熱)  発熱・咽頭炎・結膜炎などの主要症状の消退後2日を経過するまで。
結核などの学校感染症  感染のおそれがなくなるまで。
髄膜性菌性髄膜炎  病状により学校医等において感染のおそれがないと認めるまで。
第3種コレラ・細菌性赤痢・腸管出血性大腸菌感染症・腸チフス・パラチフス・流行性角結膜炎・急性出血性結膜炎  医師において感染のおそれがないと認めるまで。
感染性胃腸炎(流行性嘔吐下痢症) 下痢・嘔吐症状が軽快し全身状態が改善されれば登校可能。
溶連菌感染症  適正な抗菌剤治療開始後24時間を経て全身状態が良ければ登校可能。
マイコプラズマ感染症  急性期は出席停止・全身状態が良ければ登校可能。
アデノウィルス感染症
(アデノウィルス急性咽頭炎・扁桃炎)
 医師において感染のおそれがないと認めるまで。

日本スポーツ振興センター災害共済制度について

 学校管理下で発生した生徒のけがなどの災害に対して医療費等が給付される制度です。
 請求は学校を通じて行うので、該当する場合は速やかに本校保健室へ申し出てください。

「学校管理下」とは?

 授業・休憩時間・部活動・登下校・学校行事などの時間中を指します。

給付の対象となるのは?

 初診から治療が終わるまでに医療機関の窓口で1,500円以上を支払った場合です。
 (※保険診療以外で治療を受けた場合には支給されません。)

給付を申請するための様式等

学校安全Web

 上記バナー(リンク)より、学校安全Web(日本スポーツ振興センター)のページに移動し、「様式ダウンロード」からダウンロードできます。
 下記を参考に、該当する様式をダウンロードして印刷するか、本校保健室より受け取り、医療機関にご提出ください。

  • 医療等の状況(別紙3(1))
  • 医療機関で傷病名、医療費等について証明していただくものです。
  • 医療等の状況(別紙3(3))(柔道整復師)
  • 柔道整復師による施術料を証明していただくものです。
  • 医療等の状況(別紙3(4))(はり師・きゅう師用)
  • はり師・きゅう師による施術料を証明していただくものです。
  • 治療用装具・生血明細書(別紙3(6))
  • 治療の必要上、関節用装具、コルセット、サポーター等の治療装具を要した場合について、医師に証明していただくものです。
  • (※装具会社や医療機材店あるいは医療機関の領収書のコピーが必要になります。)
  • 調剤報酬明細書(別紙3(7))
  • 医師の処方箋に基づき、保険薬局から調剤を受けた場合にその料金について、薬剤師に証明していただくものです。

 その他、医療費が7000点(70,000円)以上の高額医療になった場合は、更に「高額療養状況の届」が必要になります。詳しくは、本校保健室までお尋ねください。

▲Topへ▲

教育相談室

教育相談について

 教育相談担当教員をはじめ、保健室、スクールカウンセラー及び各教員が生徒の相談に応じています。

スクールカウンセラーによる相談について

 月に2回程度、スクールカウンセラーが来校し、教育相談を行っています。生徒だけではなく、保護者の方の相談も受け付けておりますので、相談を希望される場合は担任または教育相談担当までご連絡をお願いします。

教育相談室の活動について

 生徒のより良い学校生活を目指して、日常の教育相談だけでなく以下のような活動も行っております。

  • Σシグマ(教育相談のための総合調査)の実施
  • 本年度は1・2年生対象に実施
  • 教育相談だよりの発行
  • 人間関係づくりを目指したLHRの実施
  • エンカウンター体験(4月)、アサーショントレーニング(9月)
▲Topへ▲

小野田高校 学校いじめ防止基本方針

いじめ対策委員会の実施

平成30年度いじめ対策委員会

 平成30年度は、7月18日、12月18日、3月13日の3回、校長、PTA会長、教頭(全・定)、生徒指導部長(全・定)、教育相談室長、校内コーディネーター、スクールカウンセラーの9名が出席し、いじめ対策委員会を開催しました。
 学校いじめ防止基本方針についての共通理解を図るとともに、本校におけるいじめの事例や対策について検証するとともに、課題や問題点等について意見交換を行いました。
 「いじめはどの生徒にも、いつでも起こりうる」という認識の下、「未然防止」「早期発見」「早期対応」の取組が重要になります。そのためにも、校内における組織的ないじめ対応、また学校と家庭との堅密な連携が大切であることを再確認しました。

山口県立小野田高等学校「いじめ防止基本方針」

 リンク先(PDFファイル)をご覧ください。

▲Topへ▲