思春期グローイングハートプロジェクト:7月18日

 今年度から、県内公立学校では、思春期グローイングハートプロジェクト事業が始まりました。心の専門家であるスクールカウンセラーによる「心理教育プログラム」の実施により、学校における心の教育を一層充実させ、規範意識や責任感、思いやりなど、未来の山口県を切り拓いていく子どもたちの「心」を育成しようとするものです。
 7月18日(木)7時限、体育館で、桝本スクールカウンセラーが全校生徒を対象に、ストレスマネジメントに係る授業を実施されました。

 パワーポイントのスライドを活用しながら、先生は、まず自分の個性を知るための心理テストを実施されました。そして、「厳しいお父さん」、「優しいお母さん」、「理性的な大人」、「やんちゃな子ども」、「周りに会わせる良い子」、そして上記「どれにも入らない」タイプに区分し、それぞれのタイプにかかるストレス、さらにそのストレスを緩和させる言葉や声かけなどについてお話されました。

 また、生徒に簡単なストレスチェックを実施され、最後に、「自分の個性と自分のストレスを知って話せる人に上手に伝えてみよう。聞いた人も話せる人に伝えよう」と呼びかけられました。

 人が生きていく上でストレスは不可避です。そうであるならば、そのストレスとどのように向き合っていくかが重要になります。

 生徒の皆さん。今日の心の教育は、「生きる力」につながる勉強になりましたか。

◎記録の一覧に戻る◎