全国総文かるた部門へ4名が出場:5月26日

 今年の大会は、悲喜こもごもの大会となりました。

 5月26日(日)、県高校文化祭小倉百人一首かるた部門が、本校武道場で開催されました。今年は、県内8校から過去最多の50名が出場、競技かるたの技を競いあいました。その結果、個人戦では、4名が今夏佐賀市で開催される全国高校総合文化祭の県代表選手(8名出場)に選出されました。

 しかし、団体戦では慶進高校に2対3で競り負け、「かるたの聖地」近江神宮で開催される全国高校かるた選手権大会「かるたの甲子園」への出場権を逃してしまいました。試合後、選手たちは号泣し、勝負の世界の厳しさを痛感していました。

 「かるたの甲子園」は逃しましたが、佐賀県で開催される全国総文には4名が出場できます。8名中4名が本校かるた部員であることを考えれば、山口県チームの中核は本校かるた部です。他校の選手と力をあわせ、是非、山口県かるたの競技力を全国に知らしめてもらいたいと願っています。

◎記録の一覧に戻る◎