高校野球県予選2回戦、野球応援:7月18日(水)

 2対6で試合終了。小野田高校野球部の夏は終わりました。
 しかし、選手たちは無念の思いをにじませながらも、「やりきった」という充実感・達成感を感じていたようでした。
 打撃戦となった1回戦とは対照的に、宇部工業が対戦相手となった2回戦はピッチャーがよく投げ、守備陣がしっかり守る緊迫の試合展開が続きました。7回までのスコアは2対2の同点。
 しかし、8回に1点勝ちこされ、さらに9回には無死満塁から走者一掃の適時2塁打を打たれ、勝敗が決まりました。
 この日は授業日でもあり、1回戦ほど生徒の応援はありませんでした。しかし、応援団・チアリーダー・吹奏楽部・生徒会などが熱い声援を送り、また平日にもかかわらず、多数の保護者や地域の方が応援に来られました。
 試合には負けたが、よく健闘した野球部。今日からまた来年の大会に向けた新たな戦いの日々が始まります。また、3年生の選手諸君は、これからは、「受験」という厳しい戦いが本格化していきます。

◎記録の一覧に戻る◎