かるた合同練習会:4月22日(日)

 「ちはやふる…」
 その最初の「音」とともに、動く手。飛ぶかるたの札。
 日曜日の静かな本校武道場の中での光景です。
 本校では、毎月第2日曜日9時から16時まで、山口県かるた協会の指導の下、百人一首競技かるたの合同練習会を開催しています。
 本年度初めての合同練習会は、4月22日(日)に開催、小・中学生から60歳代までの方およそ80名が練習会に参加されました。参加された方の出身は、地元の山陽小野田・宇部市から、萩市・周南市・下関市、なかには県外の北九州市から参加された方もおられました。
 本校小倉百人一首かるた部は、現在、全国高校かるた選手権大会や全国高校総合文化祭かるた部門への出場を目指して、毎日激しい練習に取り組んでいます。それとともに、競技かるたの普及・啓発を目指し、このような地域に開放した練習会を開催しています。
 かるた部のさらなる活躍とともに、競技かるたがさらに普及していくことが期待されます。

 なお、この練習会の様子は、4月23日付山口新聞で報道されました。


合同練習会の様子合同練習会の様子合同練習会の様子合同練習会の様子
◎記録の一覧に戻る◎