全日本アンサンブルコンテスト山口県大会に出場:12月27日

 豊かな創造力と人間性を育み、人と人との新たな結びつきを生み出すのが芸術・文化活動です。

 山口県総合芸術文化祭2018・第42回全日本アンサンブルコンテスト山口県大会が、12月16日から不二輸送機ホールで開催されました。

 12月27日(木)には、本大会高等学校の部が実施され、県内高校の52チームが出場。本校からは、吹奏楽部のサクソフォン五重奏と管打八重奏の2チームが参加しました。

 演奏時間は5分間。両チームとも、仲間と息を合わせ、見事なアンサンブルを披露してくれました。

 結果はサクソフォンチームが銅賞、管打八重奏チームが銀賞。練習の成果を出し切ったせいか、演奏後、生徒は充実感に溢れた笑顔を浮かべていました。

 吹奏楽部の今後のさらなる精進と発展を期待します。

◎記録の一覧に戻る◎