2学年修学旅行:12月12日(水)~15日(土)

 2学年、157名全員で参加した3泊4日の修学旅行が無事終了しました。1日目羽田空港では雨に見舞われたものの、鎌倉からは天気は持ち直し、その後は3日間好天に恵まれました。旅行中は、様々な場面で友人や班員と協力し、規律を守ろうとする姿勢が見られ、普段以上に周囲を気遣う生徒の優しさを数多く見ることができました。

 以下、旅行中の内容の一部を紹介します。


12日 鎌倉観光 劇団四季「ライオンキング」

 鎌倉に多数ある観光スポットの中でも、抜群の知名度と人気を誇る鎌倉大仏を見学し、その後、鶴岡八幡宮を参拝しました。おみくじの結果に一喜一憂する生徒たちの姿が印象的でした。劇団四季の観劇後には「役者さんのセリフが心に響いた。」「迫力に圧倒された。」などの感想が聞かれました。本物に触れる貴重な経験が憧れとなり、大きな成長に繋がっていくのだと感じました


        



13日 都内班別自主研修 横浜中華街散策
 東京班別自主研修は、ホテルからのスタート。通勤時間帯と重なっていたこともあり、生徒たちは都心の朝の光景を目の当たりにしました。地下鉄やJRを実際に利用することで、自分たちの予定よりも時間が実際にかかるということも体験でき、とても良い経験になったようです。




14日 東京ディズニーランド

 待ちに待った東京ディズニーリゾート。ミッキーの帽子をかぶりアトラクションをまわるなど、まさに夢の世界に誘われるかのように楽しい時間を満喫できたようです。園内で清掃活動をされているキャストの方に「何をされているのですか?」と質問をする生徒がいました。キャストの方は「夢のかけらを集めています」との返答。ディズニーの経営哲学を少しでも学ぶことができて、さらに有意義な修学旅行になったことでしょう。



15日 浅草演芸ホール 東京スカイツリー

 [数多くの芸人を輩出した浅草演芸ホールでは、落語、漫才、紙切りなど、バラエティに富んだ演芸を堪能しました。スカイツリーでは高速エレベーターで瞬く間に展望室に到着し、広がる美しい都内の光景に生徒も盛んに記念撮影をしていました。展望室見学後は自由にそらまち探索。自分のために買ったものや家族へのお土産をたくさん抱え、生徒たちはバスに戻ってきました。

    

        

 4日間の行程を通し、修学旅行の目的である「団体活動や自主研修を通じて、集団行動における規律遵守と協力の精神を養う。都市や古刹を巡り、伝統芸能に触れることで、日本文化への関心・理解を深める。友情や信頼関係を育み、豊かな人間性を身につけるとともに高校生活の良き思い出を作る」も3点は十分に達成することができました。そして何よりもケガや病気、事故が一切なく、157名全員が無事に帰ってくることができたことは素晴らしいことです。旅行後は2学年の心の絆がさらに深められ、皆が過ごしやすい、温かい学年になることを確信した修学旅行となりました。

◎記録の一覧に戻る◎