コツコツ健康!「骨太講座」:11月12・14・15日

 先月は「体力つくり強調月間」ということで骨密度測定を行いましたが、今月は山口県健康づくりセンターの運動指導士の佐伯先生と管理栄養士の辻村先生をお招きし、「骨太講座」を行い、運動面と食事面から保健指導をしていただきました。先月に続き地域の専門家の方から直接ご指導していただける機会を得ることができました。

 佐伯先生からは、日常生活の中で、骨太になるために手軽に出来る運動、「その場ウォーキング」や「踵落とし運動」、また骨と一緒に筋肉強化を目指す筋トレについても専門的に教えていただきました。筋トレについては、小野田高生達が皆息が上がる中、日頃から体を鍛えておられる佐伯先生は、美しい姿勢を保ったままご指導してくださいました。

 辻村先生からは、2日間にかけて、「骨太栄養講座」「骨太お弁当指導」をしていただきました。骨太栄養講座で専門知識を教えていただき、骨太お弁当講座では、生徒達が持ち寄ったお弁当を囲んで、より骨太になるお弁当作りのポイントを専門的に沢山教えていただきました。

 生徒の感想に「僕は日々牛乳や魚を摂っているので骨太だろうと思っていましたが、インスタント食品に含まれる成分がカルシウムを体外に排出し、骨が形成されにくいということを、先生の話で知りました。家で親とも栄養面だけでなく、運動不足を解消し、より骨太になれるよう気を付けていこうと話しました。」とありました。骨太の意義・重要性について理解を深めることができた研修講座でした。

◎記録の一覧に戻る◎