1・2年人権教育:11月8日

 11月8日(木)7限、1・2年生のLHRで人権教育を行いました。まず、「差別はなぜ生じるのか?」「差別を取り除くためにできることは何か?」について、生徒間で話し合いました。その後、DVD『わたしたちが伝えたい、大切なこと―アニメで見る 中学生人権作文コンテスト入賞作品―』を視聴し、人権について考えました。

 このDVDは、「全国中学生人権作文コンテスト」入賞作品に基づいて制作されたもので、3つの作品から成り立っています。どの作品も、日常生活を通して「人権」についての理解を深めていったプロセスが描かれています。生徒たちは、「人権ってなんだろう」と自分自身の問題として考えながら、真剣な眼差しで視聴していました。

 視聴後の感想では、「自分は大丈夫だと思っているけれど、どこかで誰かを傷つけたり差別したりしている所があるかもしれない。そのため、言葉や行動に気を付けて、自分が今しなければならない事はなんなのかをしっかり考えて、人権をしっかりと守る、そんな大人になりたい。」や、「人権を侵害されることなく、一人ひとりが個性を楽しめる世の中になっていけば良いと思った。」など、今回の授業がそれぞれにとって深い学びにつながったたようでした。

 今後のより良い学校生活、そして高校卒業後の長い人生に向けて、自分自身、また自分を取り巻く人々、さらには社会に対する問題意識を持ち、大きく成長してもらいたいと願っています。

◎記録の一覧に戻る◎