2学年進路講演会:11月6日

 11月6日(火)午後、近畿大学入試センター高大連携課参事の屋木清孝さんをお招きし、「『大学入試突破のために』~夢実現に向けて~」という演題で、2学年対象の進路講演会を実施しました。

 軽妙な語り口で、ユーモアもところどころに交えながら、高校3年間の折り返し点である2年生のこの時期に、受験生になるということはどういうことかという内容で、熱のこもった講演をしていただきました。生徒たちは熱心に聞き入り、1時間という時間があっという間に過ぎたように感じました。

 先生は、「単に高校卒業後だけを意識し、どのような大学に進むかといった、目の前のことを中心に考えるのではなく、将来どのような職業に就きたいか、そしてその職業に就いてどう生きていくのかという夢を描き、ゴールから逆算して、ものを考える習慣が大切だ。」というお話を、御自身の予備校勤務時代の教え子である有名なミュージシャンの話を例に挙げながら説明されました。

 講演会後、生徒たちは、「やらされる勉強ではだめで、自分でやる勉強に切り替えていくこと」「苦手なものから逃げない、行動する努力をし続けること」「高い目標をもつことの大切さがわかった」という感想を述べていました。 生徒たちも2年生の秋でもあり、自分の進路について真剣に考えなくてはならない時期になり、この講演会を非常に有意義なものと感じていました。

◎記録の一覧に戻る◎