学校行事の記録

平成31(2019)年度

1学期 2学期 3学期



3学期

1月9日:新春かるた大会

かるた大会の様子

 恒例の新春かるた大会が行われました。給食室で年初の食事会の後、競技会場に移動しました。
 今年は、競技前に本校全日制かるた部員によるデモンストレーションを見学しました。目にも止まらぬ速さで札が取られていく様子に、生徒たちはみな圧倒されていました。
 その後、2つのグループに分かれて競技を行い、小倉百人一首という伝統文化に親しみながら学年を越えて親睦を深めました。

1月8日:防災避難訓練

防災避難訓練の様子

 災害(地震)に対応するための防災避難訓練を実施しました。
 LHR中に地震が起きたという想定で、まずは身の安全を確保するため、机の下に頭部を入れて落下物に備えました。 その後食堂からの出火に対応して、体育館ピロティーに避難しました。生徒は慌てることなく整然と避難し、実際の場面に対応する準備ができました。  

1月8日:始業式

始業式の様子

 第3学期の始業式を行いました。
 校長先生は式辞のなかで、これからの未来は、AIが発達し、予測困難な時代になるが、確かな学力を身に付けるためには、学びに向かう力や人間性が大切であると話されました。  生徒は熱心に耳を傾け、聴きとっていました。  

▲Topへ▲

2学期

12月24日:生徒会役員認証式・表彰式・終業式

表彰式の様子

 生徒会役員認証式・表彰式・終業式を行いました。
 はじめに生徒会役員認証式を行いました。旧役員のあいさつの後、新役員が紹介され、2年生の新生徒会長を始め役員全員が就任のあいさつをしました。
 引き続き、表彰式を行いました。第2学期の皆勤・精勤の生徒が表彰されました。次に生活体験発表全国大会の賞状披露が行われました。
 その後、終業式を行い、第2学期を締めくくりました。

12月4日:保健教育

保健教育の様子

 山陽小野田市民病院から講師の方をお招きし、「感染症予防対策」をテーマに講義していただきました。
 様々な感染症の特徴や予防についてのお話を聴いた後に、蛍光塗料の含まれたアルコール消毒液を使用して正しく手を消毒できているかをチェックする体験を行いました。手の甲や親指などの指先に上手く消毒液が塗れていないことがわかり、普段の感染症予防を見直すとても良い機会になりました。  

11月20日:「薬物乱用ダメ。ゼッタイ。教室」

薬物乱用防止教室の様子

 LHRの時間に「薬物乱用ダメ。ゼッタイ。教室」を実施しました。山陽小野田署生活安全課から講師の先生をお招きし、講演とDVDの視聴を行いました。講演では薬物の恐ろしさや危険性について話された後、薬物経験者の後悔の手紙を朗読され、生徒はみな神妙な面持ちで傾聴しました。
 生徒にとって薬物の危険性や恐ろしさを理解するよい時間となりました。

11月17日:全国高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会 in TOKYO

六本木ヒルズハリウッドプラザの様子

 全国から選ばれた58名の生徒が出場する全国高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会が、東京都港区にある六本木ヒルズハリウッドプラザで行われました。
 山口県代表として本校2年の女子生徒が出場し、聴衆の前で堂々と発表しました。
 残念ながら入賞にはあと一歩及びませんでしたが、大会での発表経験や他の発表者の体験を聴くことで得られたものは、本人にとって貴重な財産となりました。
 

11月6日:食育

調理実習の様子

 「地産・地消」をテーマに全学年で徳佐のリンゴを使った調理実習を行いました。徳佐リンゴのことを学んだ後、生徒と教員でアップルパイを作りました。ハロウィンにちなみ、試食室では4年生が授業でハロウィンの飾りつけをしてくれていました。生徒と教員の有志が仮装をして薔薇の形に出来あがったパイを、全員でおいしくいただきました。
 

 

10月30日:一日遠足

遠足:遠足の様子

 快晴の中、今年は下関市の地方気象台と海響館へ行きました。
 午前中の気象台では、気象情報等に関する講義を受けた後、実際に気象測器を設置している露場を見学しました。また、観測と予報を行っている現業室も見学できました。スーパーコンピュータを活用するなど計算処理能力の向上により予測精度は年々進歩していますが、最終的に天気予報の発表内容を決定するのは人である予報官だと知ることもでき、気象情報について身近に感じることができました。
 午後からの海響館では、イルカショーや海の生物を鑑賞しながら、生徒と教員がその知識等を教え合うといった楽しい場面もありました。「来年は、どこに行きますか。」などの質問もあり、とても充実した一日を送ってくれたようです。
 

10月18日:交通安全教室

交通安全教室の様子

 山陽小野田署交通課から講師の先生をお招きし、交通安全教室を実施しました。車を運転する際の注意点ドライバーとしての責任、また、夜間に身を守る安全対策としての反射材についてを説明していただき、全校生徒に反射材グッズをいただきました。生徒にとって交通安全の重要性を理解する学びの時間となりました。

10月12日:山口県定通体育大会

定通体育大会(バドミントン)の様子

 山口県定通体育大会が山口市で行われました。当日は台風19号の影響で、学校対抗リレーやソフトテニスなどの屋外種目が中止となりました。競技に出場できない生徒は悔しい思いをしましたが、気持ちを切り替えて他種目の生徒の応援をしました。屋内種目(バドミントン、卓球)では、多くの生徒が初戦を突破し健闘しました。1週間という短い練習期間でしたが、集中した練習の成果を発揮することができました。
 来年6月の全国大会予選では、さらなる活躍を期待したいと思います。  

10月07日~10月11日:県体練習始まりました

部活動の様子(バドミントン)

 12日(土)に山口市内の各高校で行われる県体育大会に向けて、練習を始めました。出場する種目は、ソフトテニス・バドミントン・卓球です。1週間という短い練習期間ですが、勝利を目指して集中して練習に励みます。
 

9月25日:思春期グローイングハートプロジェクト

説明を受けている様子

 本年度2回目の事業が、スクールカウンセラーの桝本先生を講師に行われました。今回は、「アサーショントレーニング」で、自分の意思をいかに相手にうまく伝えるかというものでした。生徒たちは、2つのグループに分かれて、断り方やほめ方、約束の時間に友だちが遅れてきたときの気持ちの伝え方などについて、具体的にどのような表現がふさわしいかを考え、代表者が発表しました。自分の感情に気づくことやほどよくあきらめることなど、大切なポイントも数多く教えていただきました。 

9月21日:山口県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会

生活体験発表大会の様子

 山口県定時制通信制生徒生活体験発表大会が下関市教育センターで行われ、本校からは2年生の女子生徒が出場しました。審査の結果、出場した16人中1位に当たる山口県知事賞を受賞しました。
 発表のタイトルは「私の居場所」。発表では、看護助手として病院で働きながら本校定時制で学ぶ充実した日々を紹介するとともに、看護師になるという将来の夢を堂々と語り、聴衆を魅了しました。
 受賞した生徒は、11月に東京で行われる全国大会に出場します。
 

9月18日:校外清掃活動

校外清掃活動の様子

 まだ残暑が続く中、2つの班に分かれ、軍手にゴミ袋、火ばさみを持って校外清掃活動を行いました。一方の班は跨線橋を渡って小野田駅方面へ、もう一方は線路下のトンネル手前の自転車置き場へ向かって歩き、ゴミを拾いました。
 道路の縁石の車道側に特にたばこの吸い殻が多く、自転車置き場にはビンや缶、ペットボトル、紙くずなどが多くありました。熱心に活動し、どちらの班も予定時間を5~10分超過するほどでした。

9月11日:進路講演会  ようこそ先輩  ──地域で働く魅力再発見──

進路講演会の様子

 地元の企業で働く本校定時制の卒業生2名を迎え、進路講演会が行われました。
 卒業生による講演の後、各自で準備してきた飲み物を傍らに置いて、和やかな雰囲気の中で座談会を行いました。
 生徒からは、「卒業生の言葉だからこそより深く共感できた。」「私も人とのつながりを大切にしていきたい。」「もう少し勉強しなければ。」「新しいことに挑戦してみたい。」などの感想が聞かれました。

9月4日:企業見学

企業見学の様子

 貸切バスを使って山陽小野田市の総合病院と宇部市の情報関連企業を訪問しました。それぞれの訪問先でセミナーを受けた後、各事業所内を見学しました。
 これは、業種の異なる企業の見学を通じて様々な職業に触れ、職業観・勤労観を養うことを目的に行われたもので、今年度初めて実施しました。
 各事業所の担当者によるセミナーでは、生徒は皆真剣に話を聴いていました。
   

9月2日:始業式

始業式の様子

 今日から第2学期が始まりました。
 校長先生は式辞で「疾風に勁草を知る」という言葉を紹介されました。2011年3月11日に発生した東日本大震災直後、被災地で体験した悲惨な現状や、そのなかで懸命に復興に励む現地の人の様子を語られました。
 人は難にあってはじめて、節操の堅さや意志の強さがわかることを改めて知ることができました。  

9月2日:賞状贈呈式

賞状披露の様子

 このたび本校定時制教育振興会会長の江本郁夫さんが、全国定時制通信制教育振興会から功労者表彰を受けられました。江本さんはこれまで本校ならびに山口県の定時制教育の振興・発展に長年尽力されてきました。賞状披露の後、お言葉を頂き、みんなで記念撮影をしました。

▲Topへ▲

1学期

7月19日:表彰式・終業式

終業式の様子

 第1学期の終業式に先立ち表彰式を行いました。
 精勤賞4人が表彰され、定通体育大会陸上競技で入賞した生徒の賞状が披露されました。その後、終業式を行い、校長先生の式辞で第1学期を締めくくりました。

7月18日:生徒会企画行事

ソフトバレーの様子

 生徒会企画行事として、ソフトバレーをしました。生徒と教員を組み合わせたチームをつくり、3セットマッチを行いました。どのセットも白熱した試合となりました。
 皆、声をかけ合い、盛り上げながら勝敗を競い、楽しい時間を過ごすことができました。
 

7月18日:校内生活体験発表大会

発表の様子

 9月に下関で開催される県大会の予選を兼ねて、学校生活を中心とした体験を発表する大会、校内生活体験発表大会が行われました。
 前日は、クラス代表を決め、当日は、選ばれた各クラスの代表者が全校生徒・全教員の前で発表しました。
 発表では、苦悩しながらも自分の人生に真剣に向き合い、家族や友人に支えられながら前向きに生きていくさまが切々と語られました。参加者は皆静かに発表に聴き入っていました。
   

7月17日:救急救命講習

救急救命講習の様子

 日本赤十字社から救急救命法指導員の方を講師としてお招きし、救急救命講習を行いました。  最初に講義を受け、その後ダミーを使用した心肺蘇生法、AED使用方法の実習を行いました。
 生徒は、わかっているつもりでも、正しく実践することの難しさを感じたようでした。毎年行うことで、より正しいやり方を身につけ、勇気を持って行えるようになって欲しいと思います。
 

7月17日:情報モラル教室

情報モラル教室の様子

 NTTドコモスマホ・ケータイ安全教室から講師の方をお招きし、「スマホトラブル」について学習しました。
 なりすましによるトラブル、スマホを利用した情報発信についての注意点、SNSによる情報交換や個人情報公開に伴う危険性など、動画を交えながらわかりやすく説明されました。最近では、児童ポルノ画像関連でのトラブルが多発していること、また、一度ネット上に出た個人情報や画像は消えることはないことを学びました。

7月3日:気持ちよく働くためのワークルール教室

説明を受けている様子

 山陽小野田市在住の弁護士さんを講師としてお招きし、「気持ちよく働くためのワークルール教室」を開催しました。
 これは、就労する上で最低限知っておきたい労働関係法規を学ぶ教室で、全ての生徒を対象として、今年度初めて実施しました。
 時折講師の先生から出される問題に答えながら、生徒は皆真剣に講義を聴いていました。  

6月12日:思春期グローイングハートプロジェクト

説明を受けている様子

  スクールカウンセラーを講師に、「心の教育の充実」を目的として、今年度からこの事業が始まりました。第1回目のテーマは「ストレス」についてです。ストレスとはどのようなものか、どう対処すればよいのかということを学びました。生徒達は自分自身のことを語り、他者の意見も聴き、まとめを発表することでさまざまな考えを知ることができました。 

6月10日:進路ガイダンス

説明を受けている様子

 校外学習として、宇部市のホテルで開かれた進学と就職の個別説明会(進路ガイダンス)に参加しました。
 今回の学習は、本校定時制の「キャリアプランニング」(総合的な学習・探究の時間)の一環として、自己の進路に対する理解を深める目的で行われたものです。
 どの生徒も積極的に興味・関心のある進路先のブースを回り、講師の話を熱心に聞いていました。
       

6月8日:全国大会山口県予選会

全国大会山口県予選会の様子

 全国高等学校定時制通信制体育大会山口県予選会が山口市内の各会場で行われ、「卓球、ソフトテニス、バドミントン、陸上」の各競技に出場しました。本校生徒もそれぞれの競技で健闘しましたが、どの競技もあと一歩及びませんでした。陸上の100m競技では2位と入賞したものの、惜しくも全国大会出場を逃しました。


6月7日:不審者対応避難訓練

不審者避難訓練の様子

 不審者に対応するための避難訓練を実施しました。
 まず初めにSHRで、不審者対応避難放送の内容を確認しました。しばらくして、文化祭の準備後に訓練放送が流れると、体育館ピロティーに向けて全学年が避難しました。生徒は慌てることなく整然と避難でき、実際の場面に対応する準備ができました。     

6月7日:文化祭展示準備

文化祭準備の様子

 
 6月4~6日にかけて作成した作品「巨大モザイク画」を展示しました。食堂の横にある花壇で、生徒と教員が育てたチューリップの写真をモザイクにしました。 また、5月に「木育」の授業で制作した木製のプランターも展示しました。
 文化祭当日は、多くの人に見に来ていただきたいです。  

6月4~6日:文化祭準備

文化祭準備の様子

 巨大モザイク画を全員で制作しました。
 約1.5cm×1.5cmの小さな色画用紙のピースを約17,000枚貼り付け完成させました。貼り付け作業中、生徒と教員が楽しく会話をしながら制作する様子は、微笑ましいものがありました。  
 

5月24日:人権教育のDVD視聴・Fit

DVD視聴の様子

 中間考査終了後、視聴覚教室へ移動して、「障がいのある人と人権」というDVDを見ました。障がいのある人が直面する人権問題や心のバリアフリー実現に向けた取り組みなどが紹介され、障がいのある人と人権について考えました。
 次に、「Fit」(学校や家庭での生活に関するアンケート)に答えました。結果は分析後、指導に役立てられます。

5月8日・15日:木育~木で作品を作ろう体験学習~

切り絵体験の様子

 本校OBの青木さんを講師にお招きして、「木育」を行いました。 
 文化祭に出展する作品作りを兼ねて、木を材料としてプランター用木箱を作りました。電動のこぎりや金づちなど普段使うことのない道具を使って、仲間と協力しながら作品を仕上げました。始めはぎこちなく扱っていた道具も、慣れてくると上手に使いこなせるようになりました。集中力や協調性を養うとともに、木のぬくもりと作る喜びを感じることもできました。

切り絵体験の様子

 6月8日(土)の文化祭では、展示とともに、作品のいくつかを販売する予定です。ご来校の際には、定時制展示コーナーにもお立ち寄りください。

4月24日:新入生歓迎行事

トランプ大会の様子

 生徒総会後に、新入生歓迎行事を行いました。
 生徒と教員が3つのグループに分かれ、トランプなどを使った様々なゲームで交流しました。新入生は入学して約2週間が経ち、上級生や教員とも少しずつ楽しく会話ができるようになってきています。

4月24日:生徒総会

生徒総会の様子

 生徒総会を行いました。
 会計報告や予算、各学年から出された議案について話し合い、チャレンジ目標も話し合って決めました。今年度のチャレンジ目標は、「誠意ある行動、言葉遣いに気をつけよう。」です。より良い学校生活を送ることができるよう、生徒達は、真剣に意見を出していました。

4月9日:離任式

離任式の様子

 4月1日付けで周防大島高校安下庄校舎に転勤された迫田先生をお迎えして、離任式を行いました。
 離任挨拶の後、生徒会長が感謝の言葉を伝え、生徒会から記念の花束が渡されました。式が終わると、先生は拍手で送られ退場されました。別れはさびしいですが、先生の思いを日々の活動に活かすとともに、迫田先生の新任地でのご活躍をお祈りいたします。

4月8日:対面式

対面式の様子

 新入生と在校生の対面式を行いました。
 入場前は少し緊張していた新入生でしたが、入場すると同時に温かい拍手で歓迎を受けて少しリラックスできた様子でした。
 式では生徒会長が3名の新入生に対して歓迎の挨拶を行った後、新入生の代表が在校生へ向けて挨拶を行いました。
 お互いに早く仲良くなり、学校を盛り上げていって欲しいと思います。

 

4月8日:入学式

入学式の様子

 江本教育振興会長のご臨席を賜り、入学式を行いました。
 今年度の新入生は男子3名です。校長の式辞に続いて、振興会長から祝辞をいただき、代表生徒の力強い宣誓がありました。緊張した中にも温かい式でした。
  その後、白川同窓会長のご臨席を賜り、入学記念品贈呈式を行いました。

 「入学式」写真を掲載しています。
    ↑↑↑↑↑クリックしてください。↑↑↑↑↑

 

4月8日:始業式

始業式の様子

 始業式を行いました。
 校長先生は、式辞のなかで、校訓「真摯」「勤勉」「質実」の意味、二宮尊徳やイチローのことばを紹介され、何かを成しとげるには毎日の小さな積み重ねが大切であることを話されました。
 また、始業式に先立って着任式が行われ、本校全日制から数学の石田秀夫先生をお迎えしました。  

 「始業式」写真を掲載しています。
    ↑↑↑↑↑クリックしてください。↑↑↑↑↑

 

4月4日:仮入学

始業式の様子

 桜やチューリップが満開に咲きほこるなか、平成31年度新入学生と保護者を対象に仮入学を実施しました。
 DVD「定時制の1年」の鑑賞や、校長先生、各担当の先生から説明を聞きました。 また、警察署から講師をお招きして、「新入生情報モラル教室」も実施しました。
 

▲Topへ▲